月輪寺(がちりんじ)保存修理工事


山口市徳地にある、
月輪寺(がちりんじ)
IMG_9134_20180516161900744.jpg 

寺伝によれば、月輪寺薬師堂は、もとは清涼山薬師堂と称し、
推古17年(607年)聖徳太子の創立と伝えられています。

現在の建物は1189年(文治5年)に再建されたもので、
山口県内最古の木造建築物と言われており、
重要文化財に指定されています

薬師堂の屋根は昔ながらの茅葺で作られていますが、
茅の陥没や腐朽が進んでいたため、
3月より保存修理が始まりました!!

IMG_9170.jpg 

こちらが修理が始った時の様子。
image1_20180516160845c4d.jpg 

茅の厚さは50センチほどあり、
その下に竹が見えます。

この茅を、全て手作業で新しい茅に葺き替ていきます。

IMG_9165_20180516155222141.jpg 

工事終了は7月末の予定!
今しか見られない貴重な姿です。

また、薬師堂の中に入ると、
重要文化財に指定されている「薬師厨子(やくしずし)」「棟札二枚(むなふだにまい)」、
県文化財に指定されている「聖観音菩薩立像(しょうかんのんもさつりゅうぞう)」「四天王像(してんのうぞう)」などを見ることができます。

IMG_9115.jpg 

こちらは工事期間中でもご覧いただけます。
ぜひ、ご覧ください♪(/・ω・)/ ♪

月輪寺の地図はこちら


矢橋yabashi30.jpg
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する