日産EVカーの引き渡し式がありました。

最近、注目を集めている、
電気自動車(EV自動車)

ガソリンで走る従来の自動車とは違い、
エンジンが無く、ガソリンを使わず、
電気パネルに充電された電気だけで走行します。

なぜ注目を集めているかと言うと、
電気自動車、すごいんです



何がすごいのかと言うと・・・

①C O2や排気ガスを排出しないため、
 環境にやさしい


②家庭でも充電ができるため、安価な夜間電力を利用して充電でき、
 ランニングコストはガソリン自動車と比較して低い


③ガソリン自動車と異なりガソリンをエンジンで燃焼させないため、
 走行中とても静か


④専用の機械を使うと、「動く蓄電池」として、
 停電時などでも家庭で電気を使うことができる。
 また、車内には100Vのコンセントがあり屋外でも使用できる

 

などなど、従来のガソリン車と違って、
様々なメリットがあります!!!!


そんな電気自動車を、
もっといろんな人に知ってもらいたい、
身近に感じてもらいたい。

そこで、日産自動車株式会社が、

EVをもっと身近に!
電気自動車活用事例創発事業


という事業を実施しています。

日産自動車が販売している電気自動車「e-NV200」のより良い活用方法を提案した団体等に、
電気自動車「e-NV200」を3年間無料貸与し、
活用事例を積み重ねることによって、
電気自動車のさらなる普及を目指す事業です。


この事業により、
山口観光コンベンション協会に電気自動車が3年間、
無料貸与されることとなりました!!


そこで、3月10日、
湯田温泉のホテルニュータナカの駐車場にて、
「電気自動車 日産e-NV200」の車両引き渡し式が行われました。


まず、日産自動車顧問の坂田様よりご挨拶をいただきました。

IMG_5011.jpg

そして、目録の引き渡しです。
テレビで見かける、大きな鍵です

IMG_5022.jpg

その後、当協会の大庭理事長よりご挨拶。

IMG_5030.jpg

最後は、EV自動車の説明や、
給電のデモンストレーションを行いました。

ご臨席賜った皆様、
ありがとうございました


当協会で、山口市環境政策課と協力し平成28年度より取り組んでいる、
山口市観光の際の電気自動車の活用や環境負担低減のPRなどを行う事業、
「EVモビリティ推進事業」の一環として、
観光等で山口に来られた方に、

 「環境にやさしい観光」 

をテーマに、イベント等でEVカーの試乗をいただき、
EVカーや、山口市内の充電スタンドの整備状況について、
広くPRをしていきます。


早速、3月22日から4日間開催する、
「萩往還エコツアー」で、参加者の方にEVカーの乗車体験をしていただきます!
(萩往還エコツアーの詳細はこちら


また、今年度中に、
車体に山口市の観光と環境への取り組みをPRするための、
ラッピングを行います!

完成したらまたご紹介します

お楽しみに~



矢橋yabashi30.jpg
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する