FC2ブログ

一足お先に覗いてきました「何遠亭(かえんてい)」♪

このブログをご覧の方で、何人の方が視聴されたかはわかりませんが・・・・

先週放送された大河ドラマ「花燃ゆ」で、
ついに「七卿落ち(しちきょうおち)」が登場しました。

※七卿落ちとは?
文久3年の八月十八日の政変により、尊王攘夷派の三条実美をはじめ7人のお公家さんが京都から長州へ逃れてきたこと。(もっと詳しくはこちら

すっごく簡単に言うと、
いろいろな事情の交わる混乱の時代に、
長州では京都から逃れてきたお公家さんをかくまいました。


その際、約半年間、三条実美らの宿舎にあてた建物が、
まさに今、山口市湯田温泉に再現
されたばかりなのです。(なんてタイミング!)

「何遠亭(かえんてい)」という名称のその建物。


湯田温泉の中にある「井上公園」内で、着々と建設されていたので、気にはなっていたのですが・・・
ある日、山口市のホームページにて「何遠亭が6月から公開されます」と発見


大河ドラマでも登場したタイミングなので、梅雨の晴れ間を縫って行ってみました♪

何遠亭201569 (6)
公園沿いには、アジサイが。公園内には井上馨像や七卿碑も。


↓ありましたありました、「何遠亭」の解説。
何遠亭201569 (1)

↓そしてこちらが、再現された「何遠亭」~~!!!
何遠亭201569 (3)

ってあら?!(@@ノ;ノ?!
しっかりと雨戸が閉まってる!!もしや公開って、この状態・・・・???(@@;???

管理元の山口市役所に問い合わせてみると・・・・

「6月の初旬に、関係者に向けた内覧会を行ったんです。
そこで、公開に向けて管理方法の説明や準備を整え、
今月22日から一般公開されるんですよ。」


とのこと。

そうなんだ~~~^^

と、思っていたら


「せっかくなので、開けに行きましょう」

と、光の速さで現場に来てくださいました。(感謝!)

何遠亭201569 (11)
ガラガラガラ・・・

何遠亭201569 (12)
ぱんぱかぱーーーーん!!!!

こちらが正真正銘の何遠亭の全貌です。
(冬に向けて、外壁と内壁に漆喰が塗られていきます)


何遠亭201569 (13)
何遠亭201569 (14)

二間続きの和室を囲むように玄関や縁側があり、総床面積は約59㎡。
当時の間取りを参考に建てられていますが、完成したばかりなので、まぶしいほどピカピカです。
新築の、ヒノキの匂いもよい感じです

何遠亭201569 (15)
きっと三条さんも座ったであろう縁側。
ひと時の安息か、明日をもわからぬ先への恐怖か・・・湯田温泉の空に何を想ったのでしょう。

何遠亭201569 (29)
「昔の人は背が低かったんでしょうね。」と、市役所のSさん。
全体的に天井が低く、鴨井(かもい)には頭をぶつけてしまいそうです。

何遠亭201569 (22)
「ちなみに木材は山口市内産木材で、障子には徳地和紙を使用してるんです。」
メイドイン山口の史跡ですね。


特別に開けていただいた少しの時間にも関わらず、近所の方が次から次へと見に来られました。

何遠亭201569 (28)
「わ~~!やっとできたのね~!」
「立派だね~」
「ここに三条さんがおられたのねぇ~」
「地元だから、しっかり見て宣伝しちゃげるね~」

と、待ちに待った完成を感慨深く眺めておられました^^


一般公開は2015年6月22日(月)から。
湯田地区のまちづくり協議会のみなさんが管理をされ、
毎日9時~18時の間に見学ができます。(水曜休み)

<季節によって若干開館時間が変わります>
4月~5月(10:00~17:00)
6月~9月(9:00~18:00)
10月~11月(10:00~17:00)
12月~3月(10:00~16:00)

入館は無料。観光に、休憩に、ぜひお立ち寄りください♪



<住所>山口市湯田温泉2丁目-5(井上公園内)
駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場をご利用いただくか、
「狐の足あと」(駐車場あり)のご利用と一緒にぜひお立ち寄りください♪



★おまけ★

何遠亭(井上公園)から歩いて約5分のところにある老舗旅館の「ホテル松田屋」さんでは
七卿落ちの、超ゆるきゃら絵はがきも販売中。(山口観光コンベンション協会作成)
何遠亭201569 (41)
三条さん率いる7人のお公家さんが元気に(?)行進しています。旅のお土産にいかがでしょうか ( ´艸`)



※Sさん、ご協力ありがとうございました!

千代田chiyodamini.jpg
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する