FC2ブログ

辰 萩焼香合

ariyoshi[1]

辰・竜・龍(たつ)です。

登竜門
昇り竜
と言葉があります。

辰は干支の中で唯一想像上の動物ですが、
瑞兆(よいこと、めでたいことのある前兆)のシンボルとされています。

山口市湯田温泉にあります
おおすみ歴史美術館では、
毎年、新春企画展で、干支の萩焼香合を展示されています。
萩焼香合と茶陶展の詳しくは → コチラ

※香合
≪香を入れるふたつきの小さな容器≫で、
茶道具の一つであり、また仏具の一種でもあります。



毎年楽しみに来館される方も多い企画展です。
ドラゴンは、西洋、東洋風といくらでも解釈できて、その表現もまちまちです。



P1080026.jpg
↑ガラス越しに遠目に撮影。展示の様子です。

↓実際の大きさは、手のひらサイズです。
P1080027.jpg   P1080018.jpg

P1080019.jpg   P1080020.jpg

P1080021.jpg   P1080023.jpg

P1080024.jpg   P1080025.jpg


陶芸家は、年末に翌年の干支の香合を作る方が多いそうです。
今回の企画展では、その香合24点と、
作家さんの一番新しい作品、花瓶や抹茶茶碗など
合計55点の展示がしてあります。


年の始めに、
萩焼の素晴らしさを多くの方に知ってほしいという
おおすみ歴史美術館さんの気持ちがあらわれています。

干支の香合展、
これだけ香合を集めての展示も珍しいそうです。
また、理屈を抜きにしても
小さいながらも、愛らしく、素敵な芸術作品の数々です。


お茶の世界では、特に、
一楽二萩三唐津と呼ばれるほどの萩焼です。


是非、萩焼の香合を見にでかけてみませんか。




※おおすみ歴史美術館HP → コチラ




有吉




関連記事

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する