FC2ブログ

辰を龍とかけて山口市

ariyoshi[1]

十二支の中で唯一想像上の干支とされています 

辰-竜-龍(全部たつと読めます) として、
山口市にある龍を紹介してみます。

2011年12月に、6年にわたる復原工事が終了した
重要文化財 大内氏館跡 龍福寺(りゅうふくじ)本堂。IMG_4300.jpg
屋根が桧皮(ひわだ)でふかれ室町の時代の姿に復元されています。
春先には、梅の花に導かれ、優しい風景をもたらすでしょう。

IMG_4297.jpg

IMG_4305.jpg
西側の少し離れたところからみてみます。
その本堂の大きさがみてとれます。

昨年末に本堂は復原工事が完了し、あとは仏像の搬入や、お寺さんの行事を残すのみとなり、
今年中には一般公開されるようです。


古来、室町の時代より山口の街並みは、
風水によって開かれてきました。

北に玄武(げんぶ)
東に青龍(せいりゅう)
南に朱雀(すざく)
西に白虎(びゃっこ)


と四神(しじん)が護る街を作りました。
その中心が、大内氏館(おおうちしやかた)でありました。
そこに現在ありますのが、龍福寺 であります。

ここが650年の昔、山口の中心であったと思いながら、
龍福寺を眺めますと、それはまた感慨深いものがあります。


さて、北に位置しますものを目指し、
なだらかな勾配を進みますと、そこには、
国宝瑠璃光寺五重塔がございます。

大蔵山五重塔
大蔵山を背にして、
龍が天に立ち昇る龍穴パワースポットであります。



歩いて街歩きができる山口市中心部。
国宝と重要文化財が数多くあり、
桧皮葺もみてとれます。


今年、山口の街歩きをしてみませんか。




有吉



関連記事

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する