FC2ブログ

岸見の石風呂

ariyoshi[1]


山口市徳地岸見にあります、
時を800年以上さかのぼるもののご紹介です。

P1060487.jpg
国指定重要民俗文化財指定 岸見の石風呂 の外観


時は平安時代末1186年、
重源上人が、奈良県東大寺再建として佐波川上流から用材を運ぶことは、
非常に難作業でした。
上人はこうした人々を保養するために、石風呂を方々に造ります。
そのうちの一つが、こうして残っていて、
これは、中世の杣人の遺跡です。

入り口に近づきますと、中では、前日に使われた石風呂の炭の片づけをされておられました。

P1060473.jpg
置き炭にされるそうです。

P1060474.jpg
その炭は、この石風呂の中で燃えていました


この岸見の石風呂は、現在も入浴施設として利用ができます。


予約時間の2時間前に、この束を10束入れます。
P1060476.jpg
これは、2束分です。

P1060475.jpg
この石風呂の中は、6人程度が横になって入浴できます。
最初は、7,8分もすると暑くなって中では我慢できなくなるそうです。
時間がたち慣れてくると、2,30分でも平気になってくるそうです。
横にならなければ、もっと人数が一度に入れます。
交代で入ることを考えれば、15人くらいで借りられるのがよいそうです。


※岸見の石風呂の利用方法※
入浴料:1回あたり10000円(事前予約)
【お問い合わせ】
保存会代表 竹村さん 0835-52-0510 


※岸見の石風呂の紹介詳しくはコチラ→ 徳地観光協会HP内

秋から冬、春先までがよく利用されるようです。
出された炭で、調理もできます。
P1060484.jpg
炭で炊く、おかまのご飯は格別に美味しいそうです。
カレーも作れます。魚もお肉も焼けます。
お皿も一式用意してありました。


偶然、前日の入浴利用の炭の片づけをされていた保存会の竹村さんにお会いしました。
P1060479.jpg



さぁ、仲間をちょっと募って、
気分は、平安末~鎌倉時代にさかのぼって、
徳地の杣の山々を眺めながら、時間を過ごしてみませんか。

山口市、まだまだいいとこたくさんあります。




有吉




関連記事

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント

土曜日

ちょうど土曜日に岸見の石風呂スタート・ゴールで「ヘルシーウォーキングと岸見の石風呂体験」をやります。健康運動指導士さんの講話と6キロの岸見地区のウォーキング、希望者にはフィンランド発祥のノルディックウォーキングのポール貸し出しもあります。
参加希望があれば定員に余裕があるので。受付できます。
この日石風呂は焚きますし、イベントで焚くので、他の方も無料。

いろりで鍋を囲んでお酒を飲んで、酔ったら石風呂に入って…。永遠に飲めますよ。
囲炉裏はダッチオーブンでチキンが丸焼きにできるくらい豊かな火力

かなり癒されます(笑)

>セラピー担当Mさま

情報提供ありがとうございます。
10日も火を炊くと伺っておりました。ナイスなタイミングですね。
相乗効果で徳地の資源を情報発信してまいりましょう。
よろしくお願いいたします。



コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する