FC2ブログ

其中庵で暮らした山頭火に触れる。

山口市小郡にある「其中庵」は、
山頭火が50歳から7年間暮らした草庵を復元した建物です。

現在は地域の人に守られながら、
誰もが気軽に立ち寄れるよう、入場無料で開放されています。


そんな「其中庵」に、地元の小学生が約20名集まり
小郡俳句同好会の方々による「其中庵物語」の上演がありました。

gocyuuanminami0.jpg

母を失った若き日の山頭火の様子から、ここ小郡に居を構え、
自由に暮らしながら俳句をつくりだす様子が
分かりやすい絵と口調で語られました。


みんな真剣に聞き入っていました


紙芝居のあと、「生きていた山頭火に会ったことがある」という
生き証人の井本先生から、山頭火が小郡で暮らしていた様子のお話がありました。


gocyuuanminami2.jpg

「ぼくが山頭火に会ったのは、みんなよりももーーとちっちゃい時でね、
小さいぼくが見上げた山頭火は、牛乳瓶の底みたいな厚ーいメガネをかけていて
なんだか怖かったなぁ~。
それでも、ぼくの友達のお父さんと句を詠んだり、
ご飯を食べたり、時々は一緒にお酒を飲んで道端で眠っていたりしていて、
なんだかぼくは憎めなかったなぁ~。」


と、文学書では触れることのできない「生きた山頭火」が温かく語られました。


井本さんの話のあとは、其中庵の散策。

gocyuuanminami3.jpg

庭にある山頭火の句碑や、建物の案内板、
唯一生きた山頭火と共に暮らしていた「柿の木」などを熱心に観察していました。

***********************

ここ、其中庵は春には「オゴオリザクラ」が咲き
お花見スポットとしても地元の人に愛されています。
地元にある貴重な資源を、子どもたちに伝承していく活動が行われています。


ここから徒歩約20分のところにある「山口市小郡文化資料館」では
山頭火に関する展示物がある他、
小郡の街には「山頭火句碑」が町のあちらこちらに建てられており、
身近に山頭火を感じることができます。(山頭火文学碑マップ



旅を愛し、酒を愛し、俳句を愛した山頭火のように・・・・・


ふらり、立ち寄ってみませんか?お越しをお待ちしています



千代田chiyoda1.jpg
関連記事

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する