湯田温泉の新しいスポット!温泉舎(ゆのや)

自身、新年一本目、お筆入れの気持ちで綴るchiyoda1.jpg千代田です。コホン!

つたない文章ですが、今年も色々な情報を楽しくお伝えできるようにがんばりますっ。
本年もよろしくお願いいたします。



さて、山口観光の拠点にもなる「湯田温泉」に
新しい観光スポットが増えました。

昨年、12月の半ばにオープンしたのは・・・・


yunoya.jpg
湯田温泉の泉源塔、
温泉舎です。


湯田温泉の源泉から湧きあがる湯を見る事が出来るこちらのタンク、

yunoya7.jpg
温泉舎(ゆのや)と読みます。

コンセプトは
温泉のビジュアル化!

文字通り、自然から湧き出る源泉を目で見て感じてもらおう!というものだそうです。
もちろん、建物自体も檜でシックに作られており、そちらのビジュアルもバッチリ



覗きこんでみると、

yunoya1.jpg


ぼごぼごぼごぼご・・・・と、音が聞こえてきそうなほど振動が伝わってきます


yunoya4.jpg

地下500メートルから、1分毎に約125リットルの源泉が組み上げられています。
温度はなんと62度。アツアツです。



街中にある湯田温泉の地下には、
ほんとうにこんなにアツイアツイお湯が沸いているんだなぁ・・・と、
まんまと「ビジュアル」で実感してしまいました


タンクの上部には煙突があり、湯気がもくもく♪

yunoya3.jpg
ほのかに香る温泉の匂い。ああ~~~寒い!ああ~~~お湯につかりたい・・・・



舎内には、湯田温泉の歴史が書かれた「お茶屋跡」の解説や、
湯田温泉にゆかりのある人物の案内板もあります。

yunoya6.jpg

タンク裏側にそびえ立つのは、湯田温泉ランドマーク!の「やぐら」。

yunoya8.jpg

高さ7.9m。
その昔、温泉地では源泉の上にやぐらが立っており、
そのやぐらから源泉をくみ上げていたそうです。やぐら≒源泉、な感じでしょうか。


夜間は、やさし~ぃ光りでライトアップされており
こちらもおすすめ!ライトの角度にこだわってます!(By湯田温泉旅館組合のT様より)


湯田温泉に来られた際は、是非お立ち寄りください♪

場所は、湯田温泉を横切る204号から一本奥に入った通り。

ホテル喜良久さんの駐車場内にあります。(喜良久の地図
map1.jpg

ステーキ屋さん炉舎(ろのや)の横からも入れます。
map2.jpg
ろのやのよこの、ゆのやです。よろしく。




千代田chiyoda1.jpg

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント

すみません~。。。

地図を貼っていただけるとわかりやすいのですが・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する