FC2ブログ

あなたも雪舟 水墨画

ariyoshi.jpg

あなたも雪舟 水墨画。

世界に誇れる画聖雪舟が最も長く滞在し、最高傑作である「山水長巻図」を製作されたとする地―山口。
雪舟の旧居跡『雲谷庵跡』も、国宝瑠璃光寺を見渡せる山口市天花にあります。


今回、山口市出身の水墨画家の濱中応彦(はまなかおうげん)先生を招き、

『雪舟をより身近に感じること。
雪舟を県内外に発信し、山口の文化復興及びまちづくりをしていきましょう。
雪舟に思いをはせて、水墨画の作品を作り、
あなたも雪舟になったつもりで水墨画の世界を楽しみましょう。』

という、ワークショップが先日開催されました。

濱中先生の言葉から始まりました。
ワークショップ 005


日本画は、こうするんだ。という気持ちを持って描き始めます。
水墨画は、こうなったんだ。と、ある程度、気持ちを委ねて任せて描くのです。
そして、水墨画は、画を見る方にゆだねるのです。
見る人が色を感じるように描きましょう。


実践の始まりです。
テーブルに用意されたのは、アスパラ。ナス。キュウリ。

IMG_5273.jpg   ワークショップ 006
画面をクリックしてみましょう。アスパラに見えるでしょ。

IMG_5274.jpg   IMG_5275.jpg
なすびに取り組んでいるようですね。

IMG_5279.jpg   IMG_5280.jpg

IMG_5282.jpg    ワークショップ 003
落款の位置はどこにしようかな          自由題材のぶどうです



とても親しみのある濱中先生から墨や筆の指導を直接受けながら、
真剣にも、楽しく時間を過ごされた40名の参加者でした。

10/2(土)~3(日)には、「あなたも雪舟」絵手紙展で募集された
入賞作品が、山口市中央商店街中市コミュニティホールNacで展示されます。
今回の参加者の皆さんも、ワークショップの最後に、自由題材のものを応募されていました。


10年後には、雪舟の生誕600年を迎えます。
雪舟を身近に感じることのできる山口市です。

『雪舟にゆかりの地』
雲谷庵跡
常栄寺雪舟庭
常徳寺


※今回の水墨画家の濱中先生と一緒に、水墨画を学べる会です※
 墨風会山口支部  問合せ先:083-922-4426



有吉



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する