FC2ブログ

能楽らいぶがやってくる!~山口ゆらめき回廊~

9月の3連休(18日~20日)に開催される山口ゆらめき回廊では
観て、聴いて、体感して楽しむ様々な催しが用意されています。

その中の1つ
“能楽らいぶ「光の素足」~今ここに賢治が居る!”をご紹介します

能楽らいぶmini

チラシPDFはコチラ

日本の伝統芸能として数百年に渡り受け継がれていた能を
現代の空間で再現する新しい形の能楽「能楽らいぶ」。

この度の“能楽らいぶ「光の素足」~今ここに賢治が居る!”では
能楽師中所宜夫による「能楽トーク」(聞き手:中原中也記念館名誉館長福田百合子)からはじまり
宮沢賢治の世界観を舞台上に再現する「光の素足」の上演、
その後、出演者への質問コーナーが設けられています。

伝統を伝え、創り、広めて触れる中所宜夫の能の世界。

この機会に、是非ご堪能ください。

当日は限定100席です。このチャンスをお見逃しなく!
前売りも絶賛発売中!お求めはお早めに★


山口ゆらめき回廊
【“能楽らいぶ「光の素足」~今ここに賢治が居る!”】
出演:中所宜夫(観世九皐会) 中所真吾  鈴木啓吾
■日時
9月19日(日) 18:00開場 18:30開演(20:00終演予定)
■開場
山口市菜香亭 大広間(地図)
■参加費
1,000円
【前売り販売所】
山口市菜香亭 TEL:083-934-3312
山口市民館 TEL:083-923-1000
中原中也記念館 TEL:083-932-6430

>>主催・問合せ・・・・
山口市観光課 083-934-2810



◎中所宜夫プロフィール◎1958年愛知生まれ。父の影響により子どもの時から能に親しみ
一橋大学法学部で法哲学を専攻する傍ら、クラブ活動で能を学ぶ。
芸術活動の基礎にある人間の自由意思、或は人間存在の基礎にある言葉について考察を重ねる。
大学卒業後、能の世界に進み、観世九皐会の観世嘉之師の内弟子として
5年間の修業の後、能楽師の資格を得る。
観世九皐会所属。能楽協会会員。


※前日には、山口市出身の詩人中原中也の言葉を能の世界に謡う創作能「中也」も行われます。(詳細はコチラ



その他、山口ゆらめき回廊のイベント情報はこちら
08.jpg



千代田chiyoda1.jpg
関連記事

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する