FC2ブログ

重要文化財 龍福寺本堂 姿現す

ariyoshi.jpg

5年の歳月を経て、その姿を現しはじめています。

少し離れてみてみます。(撮影5/20)
IMG_0440.jpg

正面からみてみます。
IMG_0438.jpg

重要文化財 龍福寺本堂の修復の様子です。
5月に入り、5年間の囲いから放たれ、現場が解体されていっています。
桧皮葺の屋根も完成し、重厚な姿が見え始めています。

IMG_0479.jpg
この長~いクレーンは、山口県に1台の160トンの重さを
吊りあげられるものです。
現場の小屋の解体に使用されます。



中を特別にご案内いただきました。20100823155419ade[1]

IMG_0457.jpg   IMG_0458.jpg
部材になる樹木の年輪を感じます
柱も、新旧にて建造されていきます

IMG_0460.jpg   
内部の天井の様子です

IMG_0461.jpg
こちらは、本堂の入り口の戸になります。(蔀(しとみ)戸)
歩くは、現場の 高橋所長の後姿なり


そうして、本当に本当に最後の桧皮葺の屋根の高さの足場に
ご案内頂きました。
IMG_0463.jpg   IMG_0465.jpg

IMG_0467.jpg   IMG_0471.jpg

IMG_0472.jpg   IMG_0474.jpg   
この3つぶら下がっている模様の長さも1m50cmはゆうに超えます。


写真撮影は5/20です。
現場は、今年度末の完成に向けて日ごとに刻々と変化しています。


さて、この重要文化財 龍福寺本堂についての講演会と現地説明会が開催されます。

◆期日 6月18日(土)
◆場所 
講演会    10:00~県立山口図書館レクチャールーム
現地説明会 11:00~龍福寺
◆講師 高橋 好夫 (文化財建造物保存協会龍福寺設計管理事務所所長)
◆問合せ 山口市文化財保護課 083-920-4111



いつも、ご丁寧にわかりやすくご説明頂く高橋所長が講師です。
これは、見逃せないですね。



※非常によくわかる参考サイト※
龍福寺とは・現在までの修復の様子など、とても詳しく書かれています。
大内文化まちづくり のHP



有吉




    

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報