月輪寺(がちりんじ)保存修理工事


山口市徳地にある、
月輪寺(がちりんじ)
IMG_9134_20180516161900744.jpg 

寺伝によれば、月輪寺薬師堂は、もとは清涼山薬師堂と称し、
推古17年(607年)聖徳太子の創立と伝えられています。

現在の建物は1189年(文治5年)に再建されたもので、
山口県内最古の木造建築物と言われており、
重要文化財に指定されています

薬師堂の屋根は昔ながらの茅葺で作られていますが、
茅の陥没や腐朽が進んでいたため、
3月より保存修理が始まりました!!

IMG_9170.jpg 

こちらが修理が始った時の様子。
image1_20180516160845c4d.jpg 

茅の厚さは50センチほどあり、
その下に竹が見えます。

この茅を、全て手作業で新しい茅に葺き替ていきます。

IMG_9165_20180516155222141.jpg 

工事終了は7月末の予定!
今しか見られない貴重な姿です。

また、薬師堂の中に入ると、
重要文化財に指定されている「薬師厨子(やくしずし)」「棟札二枚(むなふだにまい)」、
県文化財に指定されている「聖観音菩薩立像(しょうかんのんもさつりゅうぞう)」「四天王像(してんのうぞう)」などを見ることができます。

IMG_9115.jpg 

こちらは工事期間中でもご覧いただけます。
ぜひ、ご覧ください♪(/・ω・)/ ♪

月輪寺の地図はこちら


矢橋yabashi30.jpg

続・日本100名城に認定!「高嶺城跡」

山口市の「鴻ノ峰(こうのみね)」という山の頂上にある、
高嶺(こうのみね)城跡


高嶺城
は、
1556年に大内氏最後の当主、大内義長が毛利軍の侵攻に備えて築城を始めたお城ですが、
その翌年、大内氏は毛利軍に敗れてしまい、毛利氏の支城として再び築城が始まり、
1557年の冬に完成したと言われています。


お城自体は、1615年の一国一城令により壊されてしまいましたが、
当時の石垣や主郭の礎石が現在も残っていて、
「高嶺城跡」として、続日本100名城に選ばれました!!


「鴻ノ峰」という山の頂上にあり、場所が少し分かりにくいため、
行き方からご説明します。


まず、木戸神社地図)を目指します。
神社の横に、山へ続く車1台分ほどの細さの道が続いているので、
その道を登っていきます。


道が2つに分かれていて小さな看板があるので、
右側高嶺城跡と書いている方に進みます。
12685239652.png 


そこからさらに細い道を上ります。
ガードレール等も無い道ですので、気を付けて登ってください。


しばらく進むと、テレビの電波塔がある少し広いスペースがあります。
その近くに、石碑と案内板が建っています。
案内板に、高嶺城跡の全体図が描いてあるので、
これを見ながら山を登っていきます。
IMG_7334.jpg 
こちらが高嶺城跡への道です。
IMG_7337.jpg  IMG_7344.jpg


道中、岩や木の根などがゴツゴツしていたり、段差も多く足元がとても悪いので、
スニーカーなどの履きなれた靴で行かれることをオススメします。


途中休憩所があったり・・・
IMG_7340.jpg 
休憩所のすぐ近くで顔のような木の模様を発見(∵)!!!
IMG_7339.jpg 


道中、とてもきれいな景色をみることができます。
鴻ノ峰の標高は338メートル。
見晴らしが良く遠くまで見渡せるので、
ここにお城が建てられたのかもしれませんね(=゚ω゚)
96354.jpg 


のんびりなペースで山を登ること約50分。
ようやく、ようやく石垣に到着です!!!!(´;▽;`)
IMG_7355.jpg IMG_7430.jpg


しっかりと当時の石垣が残っています。
そしてこちらが当時の主郭の礎垣。
IMG_7360.jpg 


地面からポコポコでている石が礎石です。
息を切らしながら頑張って登った記念に、
案内板と石碑をパシャリ
IMG_7367.jpg


高嶺城は、大内氏館跡、築山跡、凌雲寺跡と共に、
国の史跡に指定されています。


この辺りはハイキングコースにもなっているので、
ハイキング気分でぜひ1度足を運んでみてください♪


アクセスをまとめます↓↓
==============
木戸神社
 ↓
 ↓ 車で約7分
 ↓
テレビ電波塔
 :
 : 徒歩で約50分
 :
高嶺城跡
==============

※今回の木戸神社からのルートとは別に、
山口大神宮から行くルートもあります。


矢橋yabashi30.jpg

神社にハートマーク??

皆様、ご存じでしょうか。

山口にはパワースポットがたくさんあるんです!!


パワースポットというのは、
大地のエネルギーがあふれ出ている場所、
自身の運気を高めてくれる良い「気(パワー)」を持った場所のことです。

パワースポットに足を運ぶと良いパワーを吸収し、
元気になる、心が癒される、願いが叶うなど、
様々な効果があると言われています。


山口市のパワースポットといえば、
国宝瑠璃光寺五重塔がある「香山公園」(健康増進)や、
祇園祭の時鷺舞が行われる「八坂神社」(縁結び)などが有名ですが、
今回ご紹介するのは・・・・・


こちら!!!!

パワースポット野田神社4 

山口市にある、野田神社です。



野田神社は、明治維新の元勲毛利敬親が主神として祀られていて、
敬親の子、毛利元徳を配祀神として祀っています。

また、野田神社の敷地内にあり、
山口市有形文化財に指定されている野田神社能楽堂は、
山口薪能や鷺流狂言も行われる神聖な場所です。



階段を上り境内に入ると、
拝殿があります。

パワースポット野田神社3 

こちらもまた、風格のある佇まい。


拝殿でお祈りをし、右側を見ると・・・

パワースポット野田神社1 


建物が。
近づいてみると・・・

野田神社 はーと 


パワす歩



ハートマーク!?♡


この屋根の下にあるハートマークがある部分、
この部分を、「懸魚(けぎょ)」と言います。

そして気になるハートマークですが、
これは実はハートマークではなく、「猪目(いのめ)」と呼ばれ、
その名の通り、イノシシの目の形をモチーフにしています。
この形には、火事除けの意味が込められています。

猪目は、火事除けの他にも、
魔除けや招福の意味もあるという説もあり、
とても縁起の良いものと言われています。


パワースポットでお祈りし、
このハートマークを見つければ、
さらにご利益あること間違いなし
恋愛成就のご利益もあるかも!?



ぜひ足を運んでみてください



矢橋yabashi30.jpg

話題沸騰中!?成瀬仁蔵(なるせじんぞう)生誕の地


皆様ご存じでしょうか?


2015年9月より放送されていた、NHK連続ドラマ小説「あさが来た」
女子大学校設立に奔走する元学校教員である成澤泉のモデルとなり
日本女子大学校(現在の日本女子大学)の創始者として有名な人・・・


そうです。
山口市吉敷出身の成瀬仁蔵(なるせ じんぞう)です。


その成瀬仁蔵の生誕の地が
話題沸騰中(!?)で立ち寄る方が急増中らしい・・・
という風のうわさを耳にしました))

ということで、早速行ってみました~


山口市の吉敷というところにあります。

国道435号線を美祢方面に進むと
セブンイレブンの反対側辺りに看板が見えてきます。


成瀬仁蔵生誕の地2 


看板のある道を左折します

成瀬仁蔵生誕の地1 


そのまま、まっすぐ進むと・・・・

成瀬仁蔵生誕の地3 

成瀬仁蔵生誕の地が見えてまいります。
左手には看板があります。

成瀬仁蔵生誕の地4 


中に進むと、記念碑や日本女子大学より贈呈された桜の木があります


成瀬仁蔵生誕の地6 成瀬仁蔵生誕の地5



場所の詳細はこちらをご覧ください

  ↓  ↓  ↓  ↓

 成瀬仁蔵生誕の地 地図



最近話題沸騰中(!?)のスポットです
ぜひ、足を運んでみてください~



矢橋yabashi30.jpg

市内、午巡りその1。

ついつい背中を丸めてしまう、寒~い日が続きますね(><)
そろそろ大掃除の準備や年越しの準備、
そして・・・年賀状などが気になり始める季節です。


来年の干支は・・・・午(うま)!


年賀状にお悩みの方に、山口市内のうま情報をおしらせします^^


今日はこちらのお馬様をご紹介

午 大神宮

石段を登り参拝へ向かう人々を見守るように、牛舎から2頭のお馬ちゃんが頭を出しています。


午 大神宮 (4)

これは、西のお伊勢様「山口大神宮」の木彫神馬です。

↓あんまり映っていませんが・・・^^;解説板もありました。
午 大神宮 (3)

この木彫りの神馬は文政3年9月(西暦1820年)奇進せられたもので
作者は山口市木町在の安永貞右エ門という工匠さん。
約3年がかりで完成に至ったそうです。
市内の大内御堀で飼われていた名馬がモデルとなったのだとか。

午 大神宮 (5)
ひひ~ん。さすが名馬。端正なお顔立ちな気がします。






今年は式年遷宮で大注目だった伊勢神宮。

西のお伊勢様、山口大神宮にも是非ご参拝ください。
そして、午年のお年賀は、大神宮の神馬の写真でご挨拶・・・というのも
縁起がよさそうです


山口大神宮のHPはこちら





午巡り、続く。(たぶん)


千代田chiyoda1.jpg

テーマ : 山口県 - ジャンル : 地域情報