企画展「井上馨たちの建言書」開催!


2017年を迎え、
2018年の明治維新150周年まで、あと1年!!!


山口観光コンベンション協会は、今日(1月13日)から2月10日(金)まで、
明治維新150周年記念事業の一つとして、
「井上馨たちの建言書(けんげんしょ)
というパネル展開催中です


井上馨たちの建言書9


まずはどど~~~んと、
井上馨と伊藤博文の大きなパネルがお迎えしてくれます


井上馨と伊藤博文・・・・
歴史にお詳しい方はお分かりでしょうか。


今回のパネル展は、井上馨を中心に、
長州ファイブをとりあげています!

長州ファイブとは・・・
1863年、鎖国により海外渡航が禁止されている中、
新しい時代を切り開くために命がけでイギリスへ密航した、
井上馨、伊藤博文、山尾庸三、遠藤謹助、井上勝の5人の長州藩士のことです。
全員山口県出身です。

5人は、イギリスのロンドン大学へ留学し、欧米の文化を学びました。
そして帰国後それぞれの分野で活躍し、日本の近代化へ貢献しました。


●井上 馨
明治新政府で、外務、内務、大蔵大臣を歴任。
治外法権などの外国との不平等条約の改正に尽力。

●伊藤 博文
初代内閣総理大臣。
のちに大日本帝国憲法を発布し、日本を立憲国家へと導いた。

●山尾 庸三
航海術、造船技術を学び、工業の父と呼ばれる。
人材教育の必要性を説き、東京大学工学部を設立。

●遠藤 謹助
英国の印刷技術に魅了され、造幣事業に尽力。
日本人だけの手で貨幣を造ることに成功。

●井上 勝

英国で走っていた鉄道に多いに感銘し、日本の鉄道建設の礎を築く。
日本最初の鉄道「新橋~横浜」間を工事責任者として開通させる。


まさに日本の近代化を語るには欠かせない5人です。

今回のパネル展では、
5人の生涯を年表にまとめたものや、
5人がそれぞれ明治政府へ申し立てる意見を書いた文書(建言書)、
井上馨がイギリスへ渡ってからの5年間をまとめた年表などを、
12枚のパネルでご紹介しています!

井上馨たちの建言書6 


さらに、中央にある巨大パネルで、
江戸時代に描かれた山口県全体の地図「周防防長絵図(すおうぼうちょうえず)」や、
山口市内に現存する明治維新の史跡図をご紹介します!

防長絵図は、今の時代の地図とほとんど変わりません。
江戸時代の技術は素晴らしいです・・・

井上馨たちの建言書8 

史跡図は、A3サイズの紙でお持ち帰りいただけるようになっています
ぜひお持ち帰りいただき、足を運ばれてみてください(^-^)♪

井上馨たちの建言書4 

パネル展の詳細はこちら↓↓

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
開催日 2017年1月13日(金)~2月10日(金)
時 間 9時~17時(火曜日休館)
場 所 山口市菜香亭(山口市天花1-2-7/地図
    大広間展示室(下の間)
観覧料 大人100円、小人50円(大広間観覧料含む)
問合せ 山口市菜香亭 TEL.083-934-3312
詳しくはこちら→山口市観光情報サイト「西の京やまぐち
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


会場となっている「山口市菜香亭」は、
明治10年に開業し、多くの偉人が足を運んだ料亭の建物を移築復元したもので、
その料亭に「菜香亭」と命名をしたのが、井上馨です。

大広間には、菜香亭を訪れた偉人達や歴代の総理大臣の扁額が飾られていて、
その中に、井上馨や伊藤博文の扁額もあります!

こちらも必見です!!!


ぜひお越しください

矢橋yabashi30.jpg

冬牡丹が見ごろです!


新年あけましておめでとうございます

2017年も山口市のいろんな情報をたくさんお伝えできるよう、
頑張りますヽ(*>□<*)ノ♪
本年もよろしくお願いいたします



今日、志新たに、
2017年取材に行ってきました!!

行き先はコチラ↓↓

2017冬牡丹6 

山口市吉敷にある龍蔵寺(りゅうぞうじ)です!!

龍蔵寺は、山口市最古のお寺と言われていて、
約1300年前文武2年(698年)
神変大菩薩と崇められた僧、役小角(えんのおずぬ)が勧請し、
「龍の蔵」と名付けたことに始まったと言われています。



この歴史ある龍蔵寺で、毎年1月頃~2月まで、
キレイな冬牡丹を見ることができます

毎年、冬牡丹を見に、
各地から多くの方がいらっしゃるそうです


冬牡丹があるのは、階段を上って右手にある本堂。

2017冬牡丹5 


この中にあります。
中に入ると・・・

2017冬牡丹4
(2017年1月5日撮影)


ズラ~~~~~っと色とりどりの冬牡丹が並んでいます!
約100鉢あるそうです!!


赤に黄色にピンクに白・・・

2017冬牡丹32017冬牡丹22017冬牡丹1 
(2017年1月5日撮影)

どれもとっってもキレイです

カメラで撮影されている方や、家族連れの方も、
冬牡丹を見て感動されていました


例年は1月に入ってから花が咲いていたそうですが、
今年は暖冬の影響か、12月末ごろからお花が咲き始めたそうです。

例年は2月末ごろまでが見ごろとなっていますが、
今年は咲きはじめが早いので、
早目に見ごろを終えてしまうかもしれません。

行かれる際は、お早目に行かれることをオススメします!


開花状況は、龍蔵寺のホームページ(コチラ)でもアップされているので、
こちらも要チェックです


ぜひ足を運んでみてください(*´ω`)



矢橋yabashi30.jpg

大内人形煤払い


山口駅に来られる方を、いつもお迎えしてくれる、
フシノのお殿様お姫様

幸せを運ぶ大内人形」として親しまれています♪(/・ω・)/ ♪



今日は、そのフシノのお殿様・お姫様を、
きれいなお身体で新年を迎えて頂こうと、
椹野川流域連携促進協議会の岡さんにもお手伝いいただき、
隅々まで磨き上げました。

大内人形煤払い20161 


愛情をたっぷり込めて・・・!!

大内人形煤払い2016サイズ小 


1年間たまった汚れで、雑巾も真っ黒!!!

約1時間ほど磨き上げ、きれいなお姿になりました

大内人形煤払い20162 


山口駅にお立ち寄りの際は、
ぜひ会いに来られて下さい(^-^)/



2016年も残り4日!!!

本年も大変お世話になりました。
良いお年をお迎えください



矢橋yabashi30.jpg

「大内の灯in雪舟庭」始まります!


大内の灯in雪舟庭 

が、今日から始まります!!!


国の史跡・名勝に指定されている常栄寺雪舟庭

約500年も前に、大内氏が雪舟に築庭させたお庭が、
期間限定でライトアップされます!!

大内の灯in雪舟庭20164

青や赤の照明で、
昼とはまた違う、幻想的な雰囲気に包まれます


庭全体を美しく演出されたのは、

世界的な施設の照明デザインを手掛ける
Lighting Planners Associates Inc.さん!


シャングリラホテル(シドニー)やシンガポール国立博物館、
六本木ヒルズや東京駅のライトアップなどの施設の照明をデザインされている会社です。




ライトアップだけでなく、お寺の本堂では、
雪舟の代表作と言われる「山水長巻」(さんすいちょうかん)が
徳地和紙でできたスクリーンの上に浮かび上がります!


大内の灯in雪舟庭20166


こちらは映像の一部。
長さ16メートルにも及ぶこの長巻。
四季折々の山水の様子が描かれています。


また、灯籠や、


大内の灯in雪舟庭20162 


徳地和紙の水引きもライトアップを引き立てます

水引 



イルミネーションの撮影スポットもあります


大内の灯in雪舟庭20163 


12月22日(木)~25日(日)の、
4日間だけのこの機会を、お見逃しなく!!!


<大内の灯in雪舟庭>


■開催期間
 2016年12月22日(木)~25日(日)
■点灯時間
 17時~21時(※最終入場は20:30まで)
■会場
 常栄寺雪舟庭(山口市宮野下2001-1/地図
■拝観料
 300円(小学生以下無料)
■問い合せ
 山口観光コンベンション協会(TEL.083-933-0088)
■詳しくはこちら



矢橋yabashi30.jpg

続きを読む »

初雪!!\(◎o◎)/

 
12月16日、ついに山口市にが!!


昨晩は寒すぎて20時には寝てしまい、
朝起きてからふと窓の外を見ると・・・

!!!!!!


家で飼っている猫ちゃんたちも、
いつもと違う外の景色に大はしゃぎ


プーチン大統領のニュースばかりを見て、
天気予報を気にしていなかったのが間違いでした。

完全に油断していました。
今年一番の寒波が押し寄せてきていたようです。



しかし、せっかくの雪なので。
雪が降ったときしか見られない景色を撮影してきました~!!


まずは、
国宝瑠璃光寺五重塔

2016雪景色1 
2016雪景色4 

1か月ほど前は紅葉の綺麗な姿をご紹介しましたが、
今度は雪化粧。
また違った趣があり、とてもきれいでした

瑠璃光寺の雪景色も、
とっても綺麗でした!

撮影した時はとても晴れていたので、
空の青さとのコントラストが、また一段とキレイな景色を引き立てていました。



お次は、
常栄寺雪舟庭

2016雪景色2 


こちらも雪で真っ白!!
木々に囲まれ、こちらも趣がありとてもきれいでした。
思わず時間を忘れてしまうほどです。


常栄寺雪舟庭では、
12月22日(木)~25日(日)まで、
夜のライトアップが行われます

大内の灯(あかり)in雪舟庭」というイベントで、
常栄寺雪舟庭がライトアップされ、幻想的な灯りに包まれます。
また、雪舟の代表作「山水長巻」が徳地和紙の上に浮かび上がり、
雄大な構図でドラマチックに描き出されます。
徳地和紙「水引灯」もライトアップを引き立てます

詳しくはこちらをクリック↓↓

大内の灯り2016-表 大内の灯り2016-裏 


こちらもぜひぜひ!お見逃しなくっヾ(o´∀`o)ノ




次の雪が楽しみですね~



矢橋yabashi30.jpg